【朗報】S+からA-まで落ちたら簡単に自分の実力を見極める方法みつけた【スプラ2】 new

こんちゃーっ!
スプラトゥーン2で、S+でも十分 戦えていたのにA-まで落ちてしまう現象に2回ほど遭遇したら、自分の実力が簡単にわかる方法を発見しました。

上がったり落ちたりを繰り返して、いったい自分にとって適正なウデマエはどこなんだ… と途方に暮れているイカちゃんに朗報です。自分の実力がわかると、なんということでしょう。落ちたときのストレスがなくなります!

Splatoon2

もったいつけるのもアレなので、本当のウデマエを見分ける方法をまずは書きます。

  • 味方をキャリーできなくなったら そこが自分のウデマエです

これは簡単。
それでは順に、用語の定義や理由を説明します。

tweet
2019/07/30 Tue 23:02

プレステ3でYouTubeアプリなどのアップデートが再起動するときの対処方法 new

PlayStation Store から YouTube などのアプリを普通にダウンロードしたあと、ホーム画面から起動すると、「アップデートデータが見つかりました」と表示されてアップデートを促されることがあります。

PS3

ピュアな心で「OK」すると、アップデートではなく、少しの沈黙のあとピッピッピッという聞き慣れない音と共に PS3 が再起動。純真が踏みにじられます。

はあ?

こうなってしまうと無限ループです。何度ダウンロードからやり直しても同じ結果になります。
この時空連続体を断ち切る方法を発見したのでシェアします。

例として YouTube アプリで書きますが、他のアプリでも通用するかも知れません。

tweet
2018/06/18 Mon 19:07

【スプラトゥーン2】長年の議論に終止符!マッチングの仕組みを解明【ナワバリバトル】 new

こんちゃー!
スプラトゥーン2のマッチングの仕組みについて、実体験を踏まえて解説します。

最初に基本的なことを少しだけ。
マッチングに関連するインターネッツの意見を拝見すると、陰謀論が吹聴されていたり、強いからとか下手だからとか、わりと勘違いしている人が多い印象です。

Splatoon2

  • 勘違いその1
    プレイヤーの上手さや強さをシステムが正確に判定できる、と考えること。
  • 勘違いその2
    自分が強いから勝った、味方が弱いから負けた、と考えること。

当たり前のことですが、上記の勘違いはしていない前提で書きます。

続き「起こったことを ありのままに話すぜ!」を読む

tweet

スプラトゥーン2のすごいゲームデザインがすごい話 new

遅ればせながら、先日ようやく任天堂スイッチをゲットしてゼルダとマリオとイカちゃんを買いました。

スプラトゥーン2は、前作からの噂にたがわず とてもイカしたゲームだったので、ファーストインプレッションとして記録しておきたいと思いました。

尚、スプラトゥーンはTPSですが、~風のゲーム、という意味で通りの良いFPSの方を表記しています。気になる人はFPSをTPSと読み替えてください。それでもこの記事の話は通じると思います。

続き「基本動作に勝利条件を融合させたデザインがすごい」を読む

tweet
2017/11/22 Wed 21:40

GW2 新拡張版 Path of Fire がリリース!【浦島】 new

2017年 9月 22日、ギルドウォーズ2の新拡張版「Path of Fire」(PoF)がリリースされます。

前回の拡張版「Heart of Thorns」(HoT)から約 2年、
GW2 としては今年の 8月に めでたく 5周年を迎えて 6年目

ConceptArt

円熟の極みの今、新たなコンテンツとして何を見せてくれるのか。
少しだけ覗いてみます。

tweet
2017/09/19 Tue 00:35

© こじょらぼ all rights reserved.

旧 すぐへこたれるこじょblog

Guild Wars 2 © 2010-2014 ArenaNet, LLC. and NC Interactive, LLC. All rights reserved. Guild Wars, Guild Wars 2, ArenaNet, NCSOFT, the Interlocking NC Logo, and all associated logos and designs are trademarks or registered trademarks of NCSOFT Corporation. All other trademarks are the property of their respective owners.

Back to Top