ギルドウォーズ2 アジア初披露 [G-Star 2011] new

日本のゲーム ニュース メディアでも多く伝えられています。
11月 10~13日、韓国の釜山で開催されている G-Star 2011 にて、
ギルドウォーズ2がアジア向けに初めてお披露目されました。

それに先だって、11月 8日には NCsoft のプレス カンファレンス
「2011 NCsoft G-Star Premiere」があり、ArenaNet の設立者、Mike O'Brien 氏が登壇したそうです。

驚いたのは、G-Star に合わせて最新のデモ版が用意されたこと。
最近のアップデートが数多く反映されているようです。これは嬉しい誤算^^

Guild Wars 2 - Human Walkthrough Gameplay video Part 3 GC 2010
(JavaScript が有効な環境だとここにムービーが表示されます)
こちらは以前のプレイ動画からイベント シーン部分。敢えて、去年の gamescom 2010 のものを貼ってみました。
記事の続きに、進化したイベント シーンの動画を貼ってあります!

この記事では、最近のGW2関連ニュース(リンク)を中心に、
メディア記事の重箱の隅を突つきながら最新のギルドウォーズ2情報をご紹介したいと思います^^

Guild Wars 2 Cinematic Conversation B
(JavaScript が有効な環境だとここにムービーが表示されます)
先日、ArenaNet 公式ブログにて公開された動画です。
表情の変化や仕草に注目。GW2からGW3になった!? くらいの進化に思えますね!

ギルドウォーズ2が革新的である理由

このあと、日本メディアが伝えているニュースをリンクでご紹介しますが、彼らは大事なことを書いていません(知らないから、あるいはアジアでどうなるか確定していないからだと思います)。

まず第一に、ギルドウォーズ2は月額課金制ではありませんアイテム課金制でもありません。最初にパッケージを購入するだけで半永久的に遊べる、ユーザーのためのビジネスモデルを採用しています。

第二に、ギルドウォーズ2のクライアント ソフトウェアは世界共通です。「北米欧州版」「韓国版」と分かれているわけではありません。各国語への対応は、ゲーム内の言語設定で可能なのです。このアーキテクチャにより、GW1では、北米アカウントで米国サーバーに接続しても、日本語でプレイすることができました。また、サーバーも世界共通です。仮に日本語ローカライズが実現したとしても、「日本ワールド」(日本のプレイヤーだけが接続するゲーム世界)が置かれる可能性は無いでしょう。過疎化を心配している方々は是非 心に留めておいて欲しいです^^

他にも革新的なところは沢山あります。こじょblogのまとめ記事をどうぞご覧ください。


日本語ニュース リンク

4Gamer.net

GAME Watch

電撃PC GAME

週間アスキーPLUS

Online Gamer


ギルドウォーズ2 最新事情

実は今回、アジア向けにアナウンスされた情報は、1年半くらい前に既に発表されていたものです。
開発本国から 1年半遅れは、悲しいながら妥当な時間差ですが、昔からGW2に期待して待っているぼくたちには最新情報が必要。と いうわけで、美月綾乃さんのブログ記事をご紹介します!

名もなく貧しく

記事タイトルは英語ですが、中身は日本語です^^
本当にありがとうございます。

プレイ動画

Guild Wars 2 Live さんのプレイリストからどうぞ^^

英語ニュース

G-Star に合わせて開発者インタビューが公開されています。
Guild Wars 2 Guruアーティクルからどうぞ^^

こじょも読みきれてませんw


こじょの所見と妄想

新しいデモ版で衝撃だったのは、ヒューマンだけとはいえ、ハングルにローカライズされていたことです。
当然、日本語へのローカライズにも期待が高まりますが...

Guild Wars 2は2011年内にクローズドβテストが実施され,2012年内に北米での正式サービスが開始される予定。4Gamerの読者が一番気になるであろう,日本でのサービスについても聞いてみたが,現時点でははっきりとしたことは言えない,との回答であった。
(4Gamer.net)

現時点で はっきりしていない = もうダメじゃん><
て考えちゃうのが普通です・゚・(ノД`)・゚・

そこで起死回生の妄想。
今回のハングル ローカライズは、デモ版のためだけに予算を組んでフローを流した、と考えるのはどうでしょう。

本来、ローカライズはその後 変更が生じないマスター版に対して行うのが最も効率的です。でもGW2は未だ開発中。クローズド ベータすら実施されていません。この状態でローカライズを始めるのは手戻りの可能性が高く、リリースに向けた制作費としてお金は出せないでしょう。そこで今回は、G-Star 向けということで広告費の一部として予算を計上した、と。

さすがこじょ。すごく それっぽい。
これならマスター版の完成後に、日本語ローカライズの可能性を残すことになります。
そうだそうだ、そういうことに違いない!

Photo

Photo

G-Star 2011 のフォト。ArenaNet の flickr より。
コンパニオンのお姉さんはエレメンタリストかな。意外にガーディアンだったら萌えるかも!
この記事をツイツイする tweetSearch

Commentあなたのコメントをぜひ書き残してください!

guildwars2の期待を込めて、楽天ソーシャルニュースにニュース投稿でリンクさせてもらいました。
いつも読んでます。わたしも期待しているゲームですので、
早く日本語化が決まって欲しいですね。
2011/11/14 Mon 01:35
cori
投稿のリンクを忘れました。こちらです。ttp://socialnews.rakuten.co.jp/link/%E6%9D%A5%E5%B9%B4%E7%99%BA%E5%A3%B2%E4%BA%88%E5%AE%9A%E3%81%AEMMO%E3%80%81GuildWars2%E3%81%8C%E3%81%99%E3%81%94%E3%81%84
2011/11/14 Mon 01:37
セレア@Selerdia
UPお疲れ様です(;´▽`A``

こじょさんの記事のリンク先をいろいろ飛んで読むと、地味にすごい事になっていたということで、セレアーディアの所見と妄想(超拡大版)をば@w@

>個人的には、「アジア向け」というフィルターによって、ギルドウォーズ2の魅力が むしろ打ち消されていないかと心配です。

これは、本当にそう思いますね@@;マゾ過ぎるレアドロップを集めるべく先駆者とはいひとが勝つ装備ゲーとかなぜか流行るんですよね@@;

美月さんの記事に、「プロフェッションコンボ」があったのでこいつには驚きましたね。
これは、GW1のサブジョブのテイストを残すかのようなシステムだったので、これなら、予想外のコンボビルドとかが発生しにくく、ゲームバランスを取りやすいのかもですね
(GW1は、N/RtとかRt/Nとかがメインを食ってたなーとかが、くどく言ってみる)
(原文>http://goo.gl/uOL8u

個人的に、WvWvWの(ゲームサーバー対抗戦)というのに興味があるので、思考を「風が吹けば桶屋が儲かる」の考え方で、ひねったところ。
ゲームサーバーは「全世界版」=「世界各地からアクセスされる」>「現実世界の地球上には時差が存在する」>「日本時間の午前9時とか、日本人がいない時間でも、ゲームには人があふれえっている(北米は午後8時を指す)」>※
※>「PTを組まなくてもボスを倒せる」>「言語は実際のゲームプレイで示せる」=「どこに行っても人がいるので、過疎化しない」>「過疎じゃなければ続ける人もいるはず」>「つまりどんどん、GW2人口は増える」>「【ブラックジョーク】BOTや業者が蔓延するかも(おぃ)【ブラックジョーク】」
※>「WvWvWでは、どこいにいっても見方と相手がいる」>「ゲームバランスが成り立つ」

とか、

「地球時間の時差」っていうトリックを、最大限に取り込むならArenaNetの目的は『中国に売り出す』ことにより、WvWvWのゲームバランスが北米一辺倒で構築されなくて済むとかとも妄想です(;´▽`A``

日本語化への壁は、やはり、NCJの位置づけがまだ確定してないという、一点になると推測


2011/11/14 Mon 16:26 [編集]
ぉぅ!(゜ロ゜) なんか宣伝してもらってる
m(_ _)m アリガトォ~

G-Starバージョンはそこら中で改善されたり入れ替えられたりしてるので
チェック大変ですよぉ~
いままで出してきてたものをすべて洗練したって感じに変わってます
日本のメディアさんたちが旧バージョンからちゃんと報道してくれてたら
その変化に驚いたんじゃないかと思います
PvP中に見られる留めさすモーションと演出まで変わってました
もうこれで良いです
十分すぎます・・・

セレア様
WvWvWは1週間ぶっ通しで行われる超大規模戦・・・
NPCの抱きこみや攻城っぽいことまであるという・・・
1日の時差なんて誤差レベルになると予想されております
2011/11/14 Mon 23:18
セレア@Selerdia
ここでこんなことをしていいのかf^_^;

>美月さん
なるほど、WvWvWは一週間で区切られる訳ですね。(どこかに記述があった記憶を思い出しましたf^_^;)

時差の話を出したのは、ArenaNetとユーザーのQ&Aの中に、
『Q:例えば、城塞を攻略するとき、ユーザーが少ない時間帯(例えばAM04:00頃)を狙って、とあるギルドが攻略したのは場合は、城塞を持った方が優位になりませんか?』
とあったのに対し
『A:WvWvWは、弱い(?)(絶妙な?)バランスの本に成り立っているので、心配ないです』

と、ありました。

そこのバランス構築に、『時差』ってトリックも含まれてそうだな~とか思った次第ですf^_^;


ただ、一週間で区切られると『時差』は個人的に、誤差に終わらないと言えそうです。

終わる時間まで、プレイできるかは、戦略や戦術を駆使する人間として、決戦の最後まで現実問題で物理的に参加不能とかいうこと在るからですね。

終局まで、半政治ゲー的カジュアルな大戦を見届けれないと、自分の自己顕示が最終局面まで、できないのは口惜しい…とか、アホな事を言ってみるですf^_^;


そして、個人的には、『対戦期間が一週間しかない』となると、想像していたより真面目にやる必要があるなと、思いましたf^_^;

区切りがないと、だらだらで、時差も誤差で片付け、その日の勝負に徹して遊べばいいのですが…。
そうも、行かないようで^^;


NPCの抱き込み、攻城兵器の用意とか、一見作業ゲーぽいけど、
作業中(クエスト中)に敵襲アリ!!>至急援軍を要請する!!とか(笑)そんな展開がありつつな、ハプニング続出な戦いになりそうですねf^_^;

野戦だと、数の理論で、多い方がかつとかいう予想なので、
個人的には、後方支援やゲリラ戦術に趣をおいて、戦おうとか妄想してたりなのですf^_^;

言い過ぎたので、北米のオープンβが来るまで静観します(タブン)
2011/11/16 Wed 00:57 [編集]
こじょ
cori さん、はじめましてー コメントありがとうございます^^
日本語化、決まって欲しいですね... 震えて待ってます><

>セレアさん
WvWvW のプレイ動画とか、早く見たいですね。
個人的に気になっているのは、ワールドの名前がどうなるかってところです。
「シン」とか「メンロ」、「アレシア」なんてどうかなー、「グウェン」は人が集まり過ぎそうでダメぽいなー とかw

>美月さん
こちらこそありがとうございます。
G-Star の動画は全くチェックできてなくて、美月さんの記事を見てフンフン♪ してますw
2011/11/19 Sat 15:40 [編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/11/22 Tue 03:45
ポレ
こんちわ
お久しぶりですね
翻訳大変そうで 僕もやってみようかな?と思ったり
いつも参考に指せていただいています
毎回楽しみにしています
2011/11/22 Tue 03:48
こじょ
非公開さん、ポレさん、コメントありがとうございます。

>非公開さん
嬉しいです><

>ポレさん
お久しぶりですー 翻訳は是非是非お願いしたいですっ
日本語情報が不足し過ぎですよね...

まあ、まだリリースまでは時間がありそうなので(;´Д`)
こじょもぼちぼち追加していきまっす。
2011/11/23 Wed 21:31 [編集]
nsk
どうも。|・ω・)ノ
最後の職業はやっぱりメスマーだそうですよ。
http://www.youtube.com/watch?v=g-wPHRE-z54
2011/12/13 Tue 22:59
(=°-°)ノ ドモデス
Cβが金曜日から始まるそうですよ
http://www.nowgamer.com/features/1166714/guild_wars_2_memser_reveal_arenanet_interview.html
2011/12/15 Thu 18:49
こじょ
nsk さん、美月さん、情報ありがとうございます^^
外人さんはもうホリデー シーズンに突入しているのに頑張りますね!
こじょも負けないようにテンションあげていこうと思います!
2011/12/15 Thu 22:00 [編集]
新しいコメント

※設定しておくとあとからコメントを編集できます
管理者にだけ表示を許可する
※公開されません

Trackback あなたのウェブページをリンク!

Trackback URL

© こじょらぼ all rights reserved.

旧 すぐへこたれるこじょblog

Guild Wars 2 © 2010-2014 ArenaNet, LLC. and NC Interactive, LLC. All rights reserved. Guild Wars, Guild Wars 2, ArenaNet, NCSOFT, the Interlocking NC Logo, and all associated logos and designs are trademarks or registered trademarks of NCSOFT Corporation. All other trademarks are the property of their respective owners.

FC2Ad

Back to Top