選りすぐり! ギルドウォーズ2 プレイ動画 [Press CBT] new

2012年の GuildWars2 は本気モード。

第二回となるクローズド ベータ テスト(CBT)が、2月 17~19日の週末、プレス向けに実施されました。
NDA (秘密保持契約)の期限切れ、翌週 2/20(月) 23:00 (日本時間)以降、
実に多くの動画や記事が公開されています!

GWOnline Beta Event Trailer
(JavaScript が有効な環境だとここにムービーが表示されます)
気分を盛り上げるイントロダクション動画。キャッチーなサムネイルですね!

ちなみに初回のベータ テストは 2011年末に実施されました。ArenaNet が選出した関係者のみが参加し、おそらく無期限の NDA 付きだったのでしょう。動画などは出回っていません。

こじょblogは、(未来の)GW2プレイヤー向けのキュレーションを標榜しています。実は。
この記事では、こじょが厳選した動画をお届けします!

Guild Wars 2 - Sometimes Jumping is Hard....
(JavaScript が有効な環境だとここにムービーが表示されます)
厳選動画ェ?

キャラクター クリエイション

このCBTでは、ヒューマンチャールノルン の 3種族がプレイアブルだったようです。

ヒューマン

Guild Wars 2 - Human Character Creation
(JavaScript が有効な環境だとここにムービーが表示されます)
イイ(*´Д`*)
男性なんてどうでもいいと思いますが、どうしても という方は 3:06 あたりです^^

チャール

Guild Wars 2 - Charr Character Creation
(JavaScript が有効な環境だとここにムービーが表示されます)
チャールは、角と毛並みで特徴付けかな。しっぽは他の要素に追随するようです。
女性は 00:17 あたりから。

ノルン

Guild Wars 2 - Norn Character Creation
(JavaScript が有効な環境だとここにムービーが表示されます)
ノルンはタトゥーを標準装備。身長 2m を超える半巨人で、ヒューマンに比べてデカいです。
ガチムチの男性は 00:17 あたりから。

ワールド vs ワールド

WvW は、このCBTにて初めてプレイアブルとなりました。
PvE 的な冒険と、PvP 的な戦闘を楽しめる大規模コンテンツです。

基本的な知識は過去記事をご参照ください!

GW2 - WvW Eternal Battleground CBT Press
(JavaScript が有効な環境だとここにムービーが表示されます)
こじょの所見と妄想

ヒューマンのレンジャーがペットと共に Eternal Battleground (不滅の戦場)を散策です。
プレイヤーはレッド チームですね。ポータルから出発して、すぐに味方の(keep)を発見します。
キープ ロード(NPC)はチャール。レベルは 86 ですが、あんまり強そうに見えないw

02:20 サプライ貯蔵庫の脇に、拠点のアップグレードを受け付ける NPC がいます。予想以上に色々なアップグレード手段があって驚きました。

03:10 据え付けの防御兵器を見て回ります。キャノン(大砲)があるなー、あ、ドルヤク キャラバンが来たー なんて平和を満喫していると、まるで計ったかのように敵が現れてドルヤクを攻撃。すかさずキャノンで応戦、楽しそう! でも多勢に無勢。ドルヤクやられてしまいます。キャノン強いけど、一人では無力ですねー。だが数字キーでスキル発動は覚えた方がいいw その後は迫撃砲オイル ポットを使ったりもしてくれます。

09:07 敵(ブルー)の製材所を発見。ドルヤクにちょっかいを出してみるものの、NPCガードが反応、ドルヤクも意外に堅いw 早々に撤退。賢明な判断(;´Д`)

10:32 水中へダイブ。武器はハープーン ガンですね。ウェポン スキルは、その武器を使うことで習得します。まだ一番左端のスキルしか使えない様子。

13:52 不滅の戦場の中央に位置するストーンミスト城。レッドが占拠しているようで、すんなり中に入れます。すごく広い。これを攻略するには、かなりの人数が必要ですね。15:40 付近、城主(NPC)を訪問。さすがに強そうw

22:00 ハーピーの群れに襲われている(?)オーガのキャンプに到着。でも当のオーガさんは棒立ちです... ハーピーを倒す際に、トーチで地面に火を付けて、投げる武器に追加効果を与えるクロス プロフェッション コンボが発動しています。

25:00 たまたま出くわしたドルヤクに攻撃開始。キャラバンにNPCガードはいないのですね。これなら一人でも何とかなりそう。サプライは届いてしまったようですが、ドルヤクは倒しました。経験値を得てレベル アップです。

28:30 遠巻きに敵が攻城しているのを眺めます。投石機も見えます。敵の数は多いし、突っ込んでも犬死にでしょう。と、幸か不幸か、敵の一人がプレイヤーに気付いて向かってきます。まさかのタイマン。敵のキャラクター名は表示されません。「Blue Invader」です。グレート ソードを装備したガーディアンのようですが、クラスすら表示されませんね。倒すとアイテムをドロップしました。尚、自分が負けても敵にアイテムをドロップしますが、自分のアイテムを失うことはありません。

最後は勇敢に突撃、華々しく散って終了。

こちらはストーンミスト城のゲートを攻撃するグリーン軍と、数の暴力に対抗できないメスマーたんの動画。

ゲートが恐ろしく堅いです。シージ ゴーレムが 1体いますが、10分間 叩き続けても壊れる気配なし。グリーンのプレイヤーも十数人ほどいてスキル攻撃していますが、ビクともしません。先日の AMA on Reddit によると、ゲートの耐久度はテストのFBを得て真っ先に変更したとのことです(;´Д`)


チーム vs チーム (Structured PvP)

ギルドウォーズ2の PvP、真骨頂は Structured PvP と呼ばれる チーム vs チーム の対戦にあります。

詳しくは、基本編、および実戦編の過去記事をご覧いただくとして、
このCBTにて初公開となった新マップ、Forest of Nifhel の動画をご紹介します。

Human Ranger in PvP battlegrounds - Guild Wars 2 CBT Press
(JavaScript が有効な環境だとここにムービーが表示されます)
こじょの所見と妄想

プレイヤーはブルー チームのレンジャーですね。武器はロング ボウとグレートソードを選択しています。
霧が深く立ちこめていて、戦場となるフォレストを実感します。キレイ。
上の動画は 02:00 からスタートします。

02:48 敵プレイヤーとファースト コンタクト。前回のプレイアブル版と違って、敵をターゲットするとレベルとクラスが表示されます。また、敵が受けている各種効果も分かりやすくなっています。また、敵キャラクターの名前も表示されますね。GW1では敵が発動したスキルが表示されましたが、それはありません。UI ではなく、画面上の敵の動きを見よ、ということでしょう^^

いきなり乱戦に巻き込まれてデフィート。ウェイポイントから復活です。
このレンジャーの残念なところは、run スキル(移動速度を上げるスキル)を持っていないところ。それでいいのかレンジャー。それでいいのか!

勝負はブルー チームのワンサイド ゲームです。おそらくレッド チームは頭数が少ないのでしょう。参加人数に応じて何らかの自動調整がされているはずですが、その効果には疑問がありそうです。

06:00 敵のネクロマンサーとタイマン。ほぼ互角ですねー。コンクエストでは、タイマンでやりあうこと自体、不毛な状況がほとんどでしょう。それにしても、見てるだけで面白そうに感じてしまうのはこじょだけでしょうか^^

早くプレイしたくてウズウズしつつ終了。


ダンジョン - アスカロン地下墓地(Ascalon Catacombs)

ギルドウォーズ2のダンジョンはインスタンス制です。いわゆる ID ですね。
ダンジョンについて詳しくはこちらの過去記事をどうぞ。

今回のCBTでは、レベル30帯のダンジョンであるアスカロン地下墓地がプレイアブルでした。
GW1プレイヤーには懐かしい場所。懐かしい面々に会えそうです。

Guild Wars 2 Beta: Dungeon Spotlight Part 1: Booby Traps
(JavaScript が有効な環境だとここにムービーが表示されます)
こじょの所見と妄想

プレイヤーはヒューマンのメスマー。武器はスタッフとグレートソードです。
メスマーのグレートソードは本当にイイものだ^^

この出来映えを見ていると、あとはバランス調整を残すのみ、と思えます。
適当プレイで どんどん進み、難しい印象なんて皆無ですが、ストーリー モードはこんな感じなのでしょう。
探索モードは もっと歯ごたえがあるはず。

15:44 エアーたんとリトロックたんのイベント シーン。ダンジョンに限らず、随所に挿入されるこの形式のイベント シーンはまだ fix していないようです。せっかくリアルタイム描画なのですから、ただ眺めるだけでなく、マウス操作でアングルを変えられたり、拡大、縮小ができたりするだけでも ちょっと楽しいと思います^^


RPGモード(PvE)

多くのプレイヤーにとってメイン コンテンツとなる MMO-RPG 部分。
ギルドウォーズ2では、主にパーソナル ストーリーダイナミック イベントで構成されます。

ともあれ、まずはご覧いただきましょう。
特に、ギルドウォーズ2のプレイ動画を初めて見る方にオススメです!

  • Guild Wars 2 Beta: Human Part 1 - Starting Zone and Cutscene
    キャラクター クリエイションから導入ムービー、最初のボス: ジャイアント エレメンタル ロード戦まで。
  • Guild Wars 2 Beta: Human Part 2: Hero's Tasks
    冒頭のイベント シーンに登場するNPC、以前までは「ドワイナ プリースト」でしたが、アメリアという名前を授かった模様。容姿も変わってます。金髪のショートボブがちょっと自己主張 激しいので、また変更されそうな予感w
    その後は気ままに(?)、シェイモア周辺の探索行脚。
  • Guild Wars 2 Beta: Human Part 3 - Bandits and Lightning
    盗賊のアジトらしき洞窟。
    それにしても、エレメンタリストのスキルは どれもこれもエフェクトがカコイイです。日本人にも超人気でそう。
    動画は ぶらぶら 感が満載。ぶらぶらしてても面白い。それがGW2。たぶん!

秘境

MMO なのに一人で冒険したくなるのはRPG好きのサガでしょう。
ギルドウォーズ2はそんな欲求も満たしてくれそうです。

Guild Wars 2 - Ascalon Basin Exploration Challenge Teaser
(JavaScript が有効な環境だとここにムービーが表示されます)

生産(Crafting)

MMO-RPG では定番のサブコンテンツですが、GW2の生産はストロングレフル。違う。ストレスレス。
ArenaNet イズム溢れる詳細は、過去記事にて。

Guild Wars 2 Crafting - Weaponsmith & Armorsmith to 25
(JavaScript が有効な環境だとここにムービーが表示されます)
大量生産もスムーズ。C9を比較対象にするのは酷ですが...

中ボス

たまには厳しい意見も申し述べさせていただきたい。

[HD] Guild Wars 2 Press Beta - Skilled Warrior PVE
(JavaScript が有効な環境だとここにムービーが表示されます)
ドレイクの親玉、ドレイク ブルードマザーとの戦闘。
この大きさの mob にしては、動作のモーションが粗すぎると思います。特に方向転換。180度も瞬間的で、脳内補完の限界を超えて明らかに違和感があります。背後の敵は尻尾で攻撃する等、工夫が欲しいところです。
ゲームの本質には関係ない部分ですが、改善を期待したいです。

最後に

Guild Wars 2 - Jumping to my doom!
(JavaScript が有効な環境だとここにムービーが表示されます)
サムネイル画像でオチバレしているのは いかがなものかw

外部関連リンク

まだまだ見たい、という貪欲さんは以下のリンクからインターネッツの大海へどうぞ^^


こじょの所見と妄想

ご紹介する以上、自分で見ないわけにはいかない。ということで、トータルで数時間は見たと思います。動画だけでお腹一杯... なんてことはなく、早くやりたい飢餓感が高まる高まる(;´Д`)

However しかしながら、動画を見ながらこの記事を書いている間にも新情報が続々と。

WvW 情報にアップデート多数、アトリビュートトレイトも刷新された様子。
てか、それよりちょっと前の更新情報も記事にできてません。

忙しくて血を吐きそうだなあ^^

この記事をツイツイする tweetSearch

Commentあなたのコメントをぜひ書き残してください!

セレア@Selerdia
UPお疲れ様ですf^_^;
Cβは最初が3月末ですか♪
じわりじわりと、ゆっくりとですが、リリースの道のりが見えて来ましたネ( ̄∀ ̄)ニヤリ

WvWvWの砦や塔の扉が頑丈になり空かないフィードバックは、少数では抜けないようにの配慮ですね!持ち主(ギルド)の留守中に、こそ泥には奪われない処置なんでしょうねf^_^;

ウォーハンマーon-lineだと、空き巣が多発したとか某巨大掲示板で見たので、ダイナミックでエキサイティングな戦闘をするには、必要な事ですね!!

個人的に、悲鳴と罵声をArenaNetに浴びせたいとかはナイショです(爆)
そうなると美月さんの言う通り、序盤から中盤の終局において、時差は微々たる誤差になりそうですねf^_^;

あとは、

>背後の敵は尻尾で攻撃する等、工夫が欲しいところです。

とかとか!言われると…
リオレイアや、ベリオロスやイビルジョー張りに尻尾を振り回させるには、ArenaNetにMH3Gを送りつけるのが良いかと(ぇ!冗談ですがf^_^;)
彼らは、ゲーマー集団なので、必ずフィードバックされるハズです(爆)
フィードバックされた先に、エルダードラゴンsがリオレイア(#MH3G) 張りに尻尾振り回して、プレイヤー全滅!というジョーク画像が脳内を横切りましたが(笑)

ジョークはさておき、Cβで順調にフィードバックされ、致命なバグが無く進み新しい情報を 〒_・)ジィーっと待つとしますf^_^;
2012/03/03 Sat 22:37
ガレオン
今回のキャラクターは装備がとても魅力的ですね、動画を見てさらに
ワクワクしてしまいます。
2012/03/09 Fri 16:47
通りすがり
物凄く久しぶりにこのサイトに寄らせていただきました。ゲームやりたいゲージがゼロだったのが、一気にMAX・・・。鼻血が出そうです。うまく表現できませんが・・・本当に「ありがとう!」。
2012/03/11 Sun 13:50
先輩!大変です!
先行販売がきます!
ページも公開されてます
https://buy.guildwars2.com/

大変だー
q(・・;q) ))) ((( (p;・・)p
2012/03/13 Tue 23:25
こじょ
皆さん、コメントを残していただき ありがとうございます。
これだけバリエーションのある動画が出回ると、本当にリリースが近付いていることを実感しますねー WvW は面白そうですし、ガレオンさんの書かれた通り、スターター装備からして魅力的です。通りすがっただけで鼻血が出そうになるのも うなずけますw

>美月綾乃さん
先行販売版、ちょっとこれはびっくりしました。
公式ブログが無反応なので ArenaNet は乗り気じゃなさそう。NCsoft が色気を出しちゃった感じですかね(;´Д`)
良い子は買わない方がシアワセかも知れません。こじょは迷ってますw
2012/03/17 Sat 18:46 [編集]
新しいコメント

※設定しておくとあとからコメントを編集できます
管理者にだけ表示を許可する
※公開されません

Trackback あなたのウェブページをリンク!

Trackback URL

© こじょらぼ all rights reserved.

旧 すぐへこたれるこじょblog

Guild Wars 2 © 2010-2014 ArenaNet, LLC. and NC Interactive, LLC. All rights reserved. Guild Wars, Guild Wars 2, ArenaNet, NCSOFT, the Interlocking NC Logo, and all associated logos and designs are trademarks or registered trademarks of NCSOFT Corporation. All other trademarks are the property of their respective owners.

FC2Ad

Back to Top