ギルドウォーズ2 Beta プレイレポート 黎明のティリアに立つ [BWE2] new

ギルドウォーズ2の第2回ベータ ウィークエンド イベント(BWE2)が終了。
前回から 1ヶ月強、待ち焦がれていたティリアへの旅でした。とても楽しめました!

事前にプランを練っていたのですが、いざ蓋を開けてみると、何もせずにぼーっと画面を眺めているだけの時間も長かったり。デュアルディスプレイの片側にGW2の世界が開けている。それだけで満足なのかも。

ScreenShot

新しく追加された Mystic Forge (ミスティック フォージ)を覗き込むエレメンちゃん^^
ミスティック フォージは、不要アイテムを放り込むと別のアイテムに変換してくれる不思議の泉です。

それではBWE2を振り返ってこじょの所見と妄想を。
遊んだ人も、そうでない人も、ギルドウォーズ2とその世界「ティリア」の空気を感じてもらえたら嬉しいです。

キャラクター クリエイション

ScreenShotScreenShot

こじょが得たノウハウはすべて以下の記事にまとめました!


冒険 あるいは平凡な日々

事前の計画では、レベリングは諦めるようなことをつぶやいたりしましたが、
そもそもギルドウォーズ2にレベリングなんて必要なかったのでした。

ふらりとフィールドに出掛ければ、イベントなどの好奇心を刺激する"何か"が必ずあります。
そこには必然と他のプレイヤーも集まっていて、共通の目的のために協力。
そしてそれが達成されると、みんなに等しく報酬がもらえます。

そんなことを繰り返して楽しんでいると時間はどんどん過ぎ去り、レベルも自然にアップ。
エリアには適正レベルが設定されていますが、それを超えた場合、一時的に適正レベル相当にキャラクターの強さが自動調整されます。

特筆すべきは、入手できるドロップ アイテムは、本来のレベルが基準になることです。プレイヤーの気が済むまで、延々とそのエリアを冒険でき、かつ、その時間は全く無駄になりません。素晴らしい... 素晴らし過ぎるよ、このシステムは!

自動調整のおかげで、レベルの離れたお友達と一緒に遊べるのもポイントです。

秀逸な現地ルポ

ティリアに降り立った冒険者はこじょだけではありません。以下のサイトをチェックです!

Priestess of Dwayna

ヒューマンのチュートリアルでは、最後に巨大なボス モンスターとの戦闘があります。
そのボスを倒すと めでたくチュートリアル クリアなのですが、そのクリア後のイベントシーンに登場するドワイナのシスター様

プレイアブル版のバージョンを重ねるたびに、驚きの変貌を続けていて目が離せません。

ScreenShotScreenShot

(左) 2010年。まだ名前もなく、ポリゴンも荒い感じでプロトタイプですね。
(右) 2011年。キレイなマダムに変身。

ScreenShot

2012年 4月末のBWE1
突如としてパツキンのねーちゃんにw 整形とかいうチャチなレベルじゃ断じてねえ。別人です。
アメリア(Amelia)という名前も授かった様子。

ScreenShot

そして先日のBWE2。
あ、アメリア...たん? かろうじて髪型は同じだけど... コスチュームもド派手になって、いったい彼女に何が起きたのか...

ワールド vs ワールド (WvW)

今回、こじょは WvW に一歩も足を踏み入れませんでした。泣く泣くの取捨選択。
ArenaNet Blog によると、従来のワールド vs ワールドに加えて、

  • 中央マップにミニ ダンジョン(Dark Room)を追加
  • スキル チャレンジ、ダイナミック イベント、ジャンプ パズルを追加

とのこと。
PvE の要素を多く取り入れることにより、PvEer にも遊びやすくする狙いがあるそうです。

ScreenShot

Dark Room (ダーク ルーム)のエントランス
なんとなく「レイダース 失われた聖櫃」を彷彿とさせますね。

ダーク ルーム トレイラー

Guild Wars 2 WvWvW Jumping Puzzle Trailer
(JavaScript が有効な環境だとここにムービーが表示されます)
ダーク ルームの内部。
思った以上に複雑で、様々なギミックがてんこ盛り。全然「ミニ」じゃないw

ちょw これwww おまwww

GW2: Team Legacy Presents: The March of the Golems!
(JavaScript が有効な環境だとここにムービーが表示されます)
ゴーレムはプレイヤーが製作できるシージ ウェポンの一つです。
WvW の楽しみ方は無限大w

Structured PvP (チーム vs チーム)

いわゆるガチンコの PvP、それが Structured PvP です。
屈強で血に飢えたゲーマーたちが、うぶで純真なこじょを食い殺すために うごめいているのです。恐い><

まずはしっかり予習。

プロフェッション

今回こじょが選んだプロフェッションはネクロマンサー
ウォーリアで PvE を遊んでいたのでメーレー(近接クラス)は除外。ネクロは堅いらしいし、すぐ死んじゃうこともないはず!

ちなみに種族はノルンを選択。迫力重視で♂にしました。

ビルドとトレイト

ウェポン スキル

ネクロは 2つの武器セットを切り替えながら戦います。
デフォルトで持っていた、アックス + ウォーホーンと、セプター + フォーカスという組み合わせで臨むことにしました。
デフォルトなので武器の強化材 Sigil (シジル: 印)、防具の強化材 Rune (ルーン)、アクセサリーの強化材 Juwel (ジュエル)もそのままでお手軽。
(ウェポンスキルの詳細は割愛します。公式 Wiki でチェックできます)

ヒーリング スキル

  • Consume Conditions (コンシューム コンディション)
    状態異常を解除し、解除した状態異常ごとにさらに体力が回復。これは強い^^

ユーティリティ スキル

  • Signet of the Locust (シグネット オブ ザ ローカスト)
    持ってるだけで移動速度が 10%アップ。発動すると近くの敵から体力をスチール。これも強いなあ。
  • Summon Bone Fiend (サモン ボーン フィーンド)
    敵を移動不能(Immobilize)にできるミニオンちゃん。召喚しているミニオンごとに防御力がアップするトレイトをセットしているので選択。でも いま考えたら、Summon Bone Minions で 2体召喚した方がよかった。
  • Summon Flesh Wurm (サモン フレッシュ ワーム)
    召喚した場所から動けないミニオンちゃん。でも消滅させるとき、近くの敵に毒を与えて、自分自身がその場所にワープする。ワープって上手に使うとカコイイ。

エリート スキル

  • Summon Flesh Golem (サモン フレッシュ ゴーレム)
    Lich Form (リッチ フォーム: 強そうなのに変身)のが強そうだったけど、リチャージの短さが良さげに見えてゴーレムに。召喚してみたら意外に小さくて ちょっとガッカリ。でも敵を跳ね飛ばしながら突進するゴーレム チャージは面白いw

トレイト

早くプレイしたくて、デフォルトをベースに少し調整。
ポイント振りは Death Magic: 25、Soul Reaping: 30、Blood Magic: 15。
トレイトは適当に強そうなのを選択。この「強そう」という判断にはGW1の経験がプラスになっていると思います。
新規プレイヤーとの数少ないアドバンテージ?

基本戦略

本来は戦略に合わせてビルドを組むのだけど、手抜きビルドなので そのビルドに合わせた戦略を。
機動力と耐久力を活かして、拠点のキャプ(占領)に走り回りつつ、敵につかまったときは そいつらを足止めする作戦です。

今ある sPvP はコンクエスト(陣取り合戦)だけなので、ガチで殺しあうというよりは、頭を使って賢く立ち回るのが勝利への近道だと思います。

PvP スクリーンショット

ScreenShot

というわけで、基本的にはキャプしに走ります。

ScreenShot

たまには戦うこともあります。

ScreenShot

デフィートなんて慣れっこです。
これはトレビュシェット(投石器)にやられました。1発 10,000オーバーのダメージです。あはは。
デフィートすると どのスキルでどれだけダメージを受けたのか表示されます。こういったデータは確実にプレイヤーの経験値となり、上達につながります。プレイヤーを成長させる機能が当たり前のように実装されていることに、PvP もメイン コンテンツであるという安心感を覚えますね。

ScreenShot

接戦の末に負けても泣きません。
Score の下方に表示されている Stat ごとのポイントですが、勝っても負けても、チーム内でトップのプレイヤーに報酬がもらえます。画面右に表示されている紫色のカップがそれです。頑張れば負けても報われるって嬉しいですね!

戦績

Score のスクリーンショットが残っているものだけカウントすると、12戦 8勝 4敗でした。
負けても楽しかったので とても満足。次は別のプロフェッションでやってみようっと。

反省としては、2つの武器セットをまったく使いこなせていませんでした...
単に下手だったり、慣れの問題もありますが、デフォルトの 2セットにしたのが間違いかも。
戦略に即したシチュエーションに対応できるように考えて選ばないとダメでした。

ちなみに、試合後に放っておくと次の試合が自動で始まりますが、抜ける操作をしない限りチームメンバーはそのままです。毎回プレイヤーがシャッフルされるわけではないので注意です。この仕様だと、お友達と同じ試合に参加すれば、ずっと一緒に遊べるということですね。


ゲーム システム

前回(BWE1)からのアップデート

こじょ的には「前回から どう変わったか」よりも、「いま どうなのか」の方が大事という考えですが、変更点に興味が無いとは言い切れない... 簡単に言うと興味あります。テヘ。

BWE2の直前に AMA on Reddit が企画され、多くの更新が明かされました。
膨大な内容を和訳してくれたサイトがありますのでご紹介します。多謝!

ページ内に出典のURLが見当たりませんが、おそらくソースとなっているのは以下のページです。

スキルとトレイトの取得方法

前回から大きく変更されたのがスキルとトレイトの取得方法でした。
前回はすべての選択肢から取得するものを選べたのですが、今回からそれが階層化され、段階的に選択肢が増えるようになりました。欲しいスキルやトレイトをすぐに取れない可能性があります。

以前が最大限に自由だっただけで、特に不当な変更とは思いません。
より良いバランス調整のためというのも理解できますし、こじょは支持します^^

クライアント パフォーマンス

グラフィクスは最高設定、PCはどちらかという低スペック(AMD AthlonII X4 635 + RADEON HD 5750)なこじょの環境ですが、ラグで困ったり、動作が重いと感じたことはなかったです。

ただ、前回よりもクラッシュする頻度が高くなっていました。
スクリーンショットを撮ろうとしたときや、エリア移動直後によく落ちました。

ScreenShot

1回だけ こんな状態になったこともありました。粘土細工ティリア。

操作性

キー割り当てのカスタマイズは前回と比べて大幅に改善。
この方向なら、最終的には不満を持つプレイヤーはいなくなると思います。安心のクォリティ。

ユーザー インタフェース UI

目立つ変更点は、スキルバーのインジケータ表示位置と、コンパス。

ScreenShotScreenShot

ScreenShotScreenShot

上段 画面下端のスキルバー (左)前回 (右)今回

ヘルス グローブ(中央の赤丸)の上にあったエフェクト モニターと、スキルバーの右上にあったインデュランス(回避のためのエネルギー) バーの表示位置が入れ替わっています。

下段 画面右下のコンパス (左)前回 (右)今回 コンパスというよりミニマップに変更


フィナーレ of BWE2

ScreenShot

ノルンがさらに巨大化。戸惑いを隠せないw

ScreenShot

クリスタルに身も心も侵食されました。ひゃっはー! 狩りだーっ!

こじょは sPvP していたら乗り遅れてしまったので... 詳細はこちらから。
この美月綾乃さんの記事も詳しいです。


こじょの所見と妄想

一歩 一歩、確実にリリースへ近付いていることを実感します。
こじょの予感では、リリースまでにあと 3回か 4回くらいはBWEが実施されそう。

今回は半分の 5割をキャラクリ、4割が PvE、残り 1割が PvP という見事な計画倒れに終わりました(PvP 8割くらいで考えていた)。PvE 楽しいわー止められんわー ていうのもあったのですが、ArenaNet には珍しく明らかな改悪で当初のアナウンスやコンセプトに逆らう仕様となった点があったのでした。

  • キャラクター作成直後のチュートリアルをスキップできない

これは大問題です。PvP で色んなクラスを試そうと、次々にキャラを作成しても、都度 5分以上かけてチュートリアルをクリアしなければなりません。いわゆるクソ仕様というやつです(都度キャラクリに夢中になって 30分以上かけちゃうのはこじょの仕様ですが)。

GW1で特徴的だった PvP 専用キャラクターを廃したのは、PvP 専用でなくても直ちに PvP がプレイできるからだと思っています。PvPer は PvE をプレイする必要がないはずです。これは一時的な措置で、今後は修正されると思いますが、フォーラムには「てめー正気かこのやろー」旨を丁寧に書き込みしておきました。ぷんぷん。

ふと思ったのは、こじょのように気合いを入れてキャラクリするような人種には、クラス チェンジ可能な PvP 専用キャラクターが最適解だということ。これは次回、フォーラムに書いておこうと思います。

次回はもっとガッツリ PvP をプレイして、もっと濃ゆい話を書きたいですね。
そんなわけで、BWE3 が待ちきれません。早く早くぅ~。
See You Next BWE, Bye-bye !!

この記事をツイツイする tweetSearch

Commentあなたのコメントをぜひ書き残してください!

Selerdia@セレア
日々のUPお疲れ様です(;´▽`A``
ゴーレムはあれくらい連れて歩くと固い固いゲートも一発ですね!
しかし、WvWvWにダイナミックイベントとかArena Netはすごいな~と感心させられるばかりです(;´▽`A``
2012/06/29 Fri 18:33
こじょ
どうもどうもー^^
WvW だけプレイしてても ちゃんとGW2が遊べるようにするつもりらしいですね、ArenaNet さんは!
2012/06/30 Sat 12:33 [編集]
新しいコメント

※設定しておくとあとからコメントを編集できます
管理者にだけ表示を許可する
※公開されません

Trackback あなたのウェブページをリンク!

Trackback URL

© こじょらぼ all rights reserved.

旧 すぐへこたれるこじょblog

Guild Wars 2 © 2010-2014 ArenaNet, LLC. and NC Interactive, LLC. All rights reserved. Guild Wars, Guild Wars 2, ArenaNet, NCSOFT, the Interlocking NC Logo, and all associated logos and designs are trademarks or registered trademarks of NCSOFT Corporation. All other trademarks are the property of their respective owners.

Back to Top