スキル: GW2 戦闘システム Part 1 new

Guild Wars 2 公式サイトの「The Game」-「Combat」より、
Part 1: Skills」の内容を要約してお届けします。
guildMikan さんのサイトにも、同じソースを扱った記事がアップされています。日本語の情報は貴重ですね><

この記事は Guild Wars 2 公式サイトのページを読んだこじょが解釈した内容であり、ArenaNet の意図とは異なる場合があります。予めご了承をお願いします。
combat screenshot

基本

  • キャラクターは自由にジャンプしたり泳いだりでき、それらのアクションは戦闘やスキル効果に直結します。
  • 位置取り(ポジショニング)が重要です。
  • スキルは視覚的で、見ただけで効果を理解し、対処方法を発想できることを心掛けて開発しました。

スキルシステム

  • 初代ギルドウォーズと同じように、セットできるスキルの数に制限があります。

スキルバーは10スロット

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
自動セット (武器 x ジョブ / アイテム) 選択 (種族 + ジョブ)
メインハンド オフハンド ヒール ユーティリティ エリート
両手持ち / アイテム
  • 最初の5スロットは、ウェポンスキル専用です。
  • 装備している武器とジョブ(プロフェッション)によってセットされるスキルが自動的に決まります。
  • 同じ武器でも、ジョブによってセットされるスキルは異なります。
  • 大部分のジョブは、武器セットを2つ持つことができ、即座に持ち替えることができます。

  • 残りの5スロットは、ジョブと種族によって決まるスキルリストから、セットするスキルを選択できます
  • そのうちの1つはヒーリングスキル専用、もう1つはエリートスキル専用です。
  • エリートスキルはド派手でウルトラパワフルです。

こじょの所見と妄想

ヒーリングスキル枠があるのはとても良いと思いました^^

PvP において勝敗をつけるためには、
攻撃力偏重でバランス調整する必要があり、ヒーラーの負担がとても大きくなります。
GW1では、特にRA(ランダムアリーナ: 4vs4 で戦う PvP です)で顕著ですが、ヒーラー(モンク)をプレイするのは完全なマゾゲーで、他のどの職とも違う特殊な位置付けを余儀なくされ、ハードルが高くなっています。

ヒーリングスキル専用枠があれば、どんな職でもヒーリングスキルを持つことになるので、ヒーラーの負担は軽減します。
ビルドの選択肢は広がりますし、ヒーラーだけが際だってマゾいということもなくなります。
GW1に学び、確実に進化した部分ですね(´Д`)
この記事をツイツイする tweetSearch

Commentあなたのコメントをぜひ書き残してください!

ななしさん
hahaha RA マゾゲーモンク, so true, so true.
2011/05/07 Sat 22:56
こじょ
過去記事へのコメントも大歓迎です^^
半端ないマゾゲーだからこそ楽しい、という側面もありますよねw

But it is also very fun ^^
Thanks for your comment.
2011/05/08 Sun 20:55 [編集]
新しいコメント

※設定しておくとあとからコメントを編集できます
管理者にだけ表示を許可する
※公開されません

Trackback あなたのウェブページをリンク!

Trackback URL

© こじょらぼ all rights reserved.

旧 すぐへこたれるこじょblog

Guild Wars 2 © 2010-2014 ArenaNet, LLC. and NC Interactive, LLC. All rights reserved. Guild Wars, Guild Wars 2, ArenaNet, NCSOFT, the Interlocking NC Logo, and all associated logos and designs are trademarks or registered trademarks of NCSOFT Corporation. All other trademarks are the property of their respective owners.

FC2Ad

Back to Top