ダンジョン動画! [Guild Wars 2] new

GW2 アスカロン地下墓地 オープニング ムービー

Guild Wars 2 - Ascalonian Catacombs Dungeon Cinematic
(JavaScript が有効な環境だとここにムービーが表示されます)

去年 2010年 10月に発表されたダンジョンの詳細が、やっと(?)公式サイトに掲載。
それと同時に、ダンジョンの導入ムービーと、ダンジョンでの戦闘シーンが収められた動画が公開されました!

Foefire が映像化されてますねー (・∀・)カコイイ!
戦闘シーンもすげーですよ。

Foefire って?
興味のある方は、ヒューマンの紹介記事をご参照ください^^

GW2 ダンジョン 戦闘ムービー

Guild Wars 2 - Fanday - Catacombs Dungeon
(JavaScript が有効な環境だとここにムービーが表示されます)

ArenaNet の言う通り、ヒーラーは見当たりませんね。

ノルンやチャールはデカくてカコイイし、スキルのモーションやエフェクトも素晴らしく感じます。
派手なシーンを集めたようなので、眺めているとただの乱戦状態にも見えますが、UI の表示も無いですし、このような三人称視点では戦闘の中身まで把握できません。もしこれが、自分でプレイしたとき本当にゲームとして成立していたら凄いと思いませんか?><

ムービーの中のウォーリアやガーディアン、ネクロマンサー、エンジニア、エレメンタリスト、シーフを自分が動かしていたとしたら? こじょはもうワクテカが止まりません。楽しみ過ぎてリリースまでの日常が辛くなりそうです^^


ギルドウォーズ2のダンジョンとは?

公式サイトの「Into the Dungeons Article by Jeff Grubb」から要点を抜粋します。
詳しくはこじょblogの過去記事(ダンジョン #1, ダンジョン #2)もご参照ください。

  • ダンジョンインスタンス制であり、GW1のダンジョンを受け継いだパーティ プレイを楽しむためのコンテンツです。
  • 初心者向けではないため、レベル 35以上のキャラクターが必要です。
  • 「ダンジョン」という名称は不適切かも知れません。それらのすべてが地下にあるわけではありません。
  • ダンジョンはオプションであり、一歩も足を踏み入れることなく、ゲームの最後から二番目のステップまで進むことができます。(最終ステップ? もちろん私たちは、プレイヤーがたった独りでエルダー ドラゴンに挑むとは思っていません)
  • ダンジョンにはストーリー モード探索モードがあります。
  • ストーリー モードをクリアすると探索モードがアンロックされます。どちらも何度でもプレイ可能です。
  • ギルドウォーズ2には 8つのダンジョンが存在しますが、探索モードには通常 3つのオプションがあり、ストーリー モードと合わせて、計 32のダンジョンがあると言えます。
  • ストーリー モードでは、Destiny's Edge のメンバー(アイコニック: 種族を象徴する代表的な人物)が登場し、ギルドウォーズ2のストーリーを補強します。
  • 探索モードにアイコニックは登場しませんが、そのダンジョンに関連する別のストーリーが展開します。
  • ダンジョン内にもダイナミック イベントが存在します。プレイヤーのアクションや場所、あるいはランダムな条件をトリガーにしてボーナス イベントが発生します。
  • 探索モードの難易度は高く、本当にパワフルで巨大なボスも存在します。
  • ダンジョンの報酬は完全にユニークであり、すべての武器とアーマーのフルセットが用意されています。
  • MMO プレイヤーは、様々なスタイルと興味の対象を持っています。PvP、PvE、生産、探検、伝説、交流、カジュアル プレイ 等々。ギルドウォーズ2のダンジョンは、組織化されたパーティ プレイと、困難な挑戦を楽しむプレイヤーに報います。しかし、アイコニックについてより多くを知りたいプレイヤーや、初代ギルドウォーズのようにインスタンス制を好むプレイヤー、ティリアの世界をより深く探検したプレイヤーにとっても価値があります。

  • ダンジョンへようこそ

ScreenShot

この記事をツイツイする tweetSearch

Commentあなたのコメントをぜひ書き残してください!

セレア@Selerdia
UPお疲れさまですf^_^;

三人称視点の映像っていうと、GuildWars1での、リプレイ動画を思い出しましたf^_^;
多分、Guild Wars 2にもリプレイを記録する、ルーチンが存在するのかな~って、妄想してしまいましたf^_^;
それが、youtubeに簡単にUPできたら面白いな~とかとかf^_^;

ダンジョンの記事に『生産』の記述があったのは個人的にwktkな展開デス^^
多分レアな(?)アイスドラゴンソードの材料を嘆きの洞窟で掘ったりするのかな~とか妄想しちゃってます。

MMORPGのインスタンスダンジョンには、巨大なボスとか古典的なオチだったりするのですが、それらを倒破すべく、ギルドを構築するのもありなのかな~と妄想してますf^_^;
(ガチガチなArenaGameなPvPは個人的に向いてないのが皮肉にもGuildWarsで分かりましたので(爆)。ただ、自分はギルドリーダーとかは、やりませんよf^_^;)

ただ、個人的にダンジョンにどっぷりはまり込む予定なので、ダンジョンについての続報にwktkしたいと思いますf^_^;
2011/07/03 Sun 14:38
迷い猫
記事upお疲れ様でした!<(。 。)>
レベル35以上のキャラが必要とありますが、すべてのダンジョンがその条件対象なのでしょうか。
2011/07/03 Sun 21:36
こじょ
セレアさん毎度ありですー^^
リプレイ(observe)の仕組みはある、と以前 開発者インタビューで回答されていました。YouTube に限らず、何らかの形で公開できたら... 面白いアイデアですね! 実現したらかなり革新的。GW2はゲーム外のソーシャルな要素にも注力しているぽいので、可能性ゼロじゃなさそう。

迷い猫さん、おコメありです^^
以前の情報ではダンジョンには適正レベルが設定されているとのことでした。最低レベル ダンジョンでも Lv35 から、ということだと思います。ダンジョンによっては Lv80(max)必須なところもあるんじゃないかなー。ArenaNetが「初心者向けではない」と言う以上、かなり歯ごたえがありそうです!
2011/07/04 Mon 01:29 [編集]
迷い猫
なるほど、やはりそうでしたか。
レベル80限定があるとすれば、歯応えがありすぎて噛み切れるかどうか・・・心配です・・(笑)
お返事どうもありがとう御座いました。
2011/07/04 Mon 06:30
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/07/16 Sat 15:16
こじょ
非公開さん、はじめましてー コメントありがとうございます。
そう言っていただけると本当に嬉しいです^^
お問い合わせの件は、是非どうぞどうぞ!
2011/07/16 Sat 19:58 [編集]
にる
ありがとうございます!
なんだか恥ずかしくて非公開にしてました(´ω`;)

ツイッター、フォローさせていただきますね!
これからも楽しみにしてます♪
2011/07/16 Sat 22:05 [編集]
新しいコメント

※設定しておくとあとからコメントを編集できます
管理者にだけ表示を許可する
※公開されません

Trackback あなたのウェブページをリンク!

Trackback URL

© こじょらぼ all rights reserved.

旧 すぐへこたれるこじょblog

Guild Wars 2 © 2010-2014 ArenaNet, LLC. and NC Interactive, LLC. All rights reserved. Guild Wars, Guild Wars 2, ArenaNet, NCSOFT, the Interlocking NC Logo, and all associated logos and designs are trademarks or registered trademarks of NCSOFT Corporation. All other trademarks are the property of their respective owners.

FC2Ad

Back to Top